チケット TICKET

MODELERS

トミーテックの彩色済みプラモデル技MIXのVF-31Jジークフリード紹介!



 マクロスの可変戦闘機が技MIX(ギミックス)シリーズとなって現在発売中だ。今回はTVシリーズ『マクロスΔ(デルタ)』から、主人公ハヤテ・インメルマンの搭乗するVF-31Jジークフリードの技MIX完成見本(ファイター形態)を改めて紹介しよう。

 VF-31Jジークフリードは、ハヤテたちが所属するΔ(デルタ)小隊の構成機の1つ。5機はそれぞれサブタイプが異なっているが、外観的にはカラーリングのほか頭部のビーム砲塔の数などに違いがある。なお、ハヤテは13話でメッサー中尉のVF-31Fに乗り換えるまでこの機体を使用していた。

 技MIXの最大の特徴は、初めから塗装が施され、コーションなどマーキングも済んでいるところ。組み立てるだけで精密な航空機モデルを手にすることができるのだ。最近の航空機プラモデルは再現度も高く、組み立てやすさに配慮されているものが多いが、初心者にとって塗装や仕上げが高いハードルに感じられるのも事実。だが、技MIXであれば組み立てさえすれば理想通りのモデルができあがる。

【技MIXとは】
 技MIXは、彩色済みのプラモデル。1/144スケールというスケールながら細部のコーションデータに至るまでタンポ印刷で再現。組み立てるだけでカンタンお手軽にハイクオリティな模型が完成する。
 マクロスシリーズの可変戦闘機も、架空の機体でありながら技MIXシリーズの実在の機体と同様の精度で造形。河森正治監督監修の下、機体ディテールの数々を航空機であることにこだわって表現している。

■Information
----------------------------------------------
技MCR10 VF-31Jジークフリード ハヤテ・インメルマン機 ファイター
----------------------------------------------
1/144スケール
価格:4000円(+消費税)
発売中
仕様:彩色済み・マーキング印刷済み・組み立て式プラモデル
----------------------------------------------


■VF-31Jのファイター形態。飛行状態を再現できる専用のスタンドが付属

■着陸脚は収納状態と降ろした状態を選んで再現できる

■主翼や垂直尾翼などは薄くシャープに成形されており、航空機らしさを演出











■ノズル内部はエンジン後端のディテールが再現されている




■キャノピーの開閉状態を選択できる


■キャノピーを外した状態。パイロットのハヤテは劇中でもヘルメットを被らずに搭乗していた




■コクピット周辺は、キャノピーフレームやセンサー部など細かく塗り分けられている


■インテークは内部のシャッターや吸気ファンなどが塗り分けられている



■スタンドへの取り付け角度にも変化が付けられる





・トミーテック 技MIX
http://www.tomytec.co.jp/gimix/