チケット TICKET

MODELERS

1/72 VF-25F/S スーパー メサイア “マクロスF"を組み立ててみた



いよいよ発売されたハセガワの「1/72 VF-25F/S スーパー メサイア “マクロスF"」を塗装して製作したので紹介していく。

 このインジェクションキットは先に発売されたVF-25に新規でファストパックのパーツを追加してVF-25F/S スーパー メサイアを再現している。デカールは2種類が用意され、F型のアルト機とS型のオズマ機を再現することができるが、素組レビューでもF型を制作したので(※この部分に前回記事へのリンクを追加)比較のため、今回もF型のアルト機仕様で仕上げることにした。





 VF-25の特徴を再現したプロポーションに加え、スケールモデルを彷彿とさせるリアルで繊細なパネルラインが施された機体。マッシブで存在感のあるファストパックを装備した姿は宇宙戦闘機としてのVF-25を完璧に表現している。





今回の塗装作例の制作にあたって使用した塗料は、本体色はC311 グレー FS36622+キャラクターホワイトを1:1で混合したものを採用。機首先端のレドーム部分は素材が違う設定とし、写真では解りづらいかもしれないがC311グレーで少し色味に変化を加えた。








 バーニア・スラスター部分は、劇中では茶系で表現されているが、今回はC331 ダークシーグレーを塗り、その上にC28 黒鉄色を薄吹きして少し金属的な光沢が出るように加工している。






 ファストパックは少し色味が派手な気がしたのでC50 クリアー ブルーとC47 クリアー レッドで基本となるクリアーパープルを制作、C311 グレーとC72 ミディアムブルーを混ぜて設定色よりやや彩度を落とした色で塗装、落ち着いた雰囲気にした。




 主翼には近接迎撃ミサイルAMM-101を搭載した。AMM-101は可変戦闘機の専門書籍「ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-25メサイア 新たなる救世主」で定義されたミサイル。VF-25メサイアを徹底紹介した専門書籍なので、興味のある人は一読をオススメしたい。




 作例では着陸脚を収納した状態でフィニッシュ。宇宙戦闘機なので浮いてる状態が魅力的な雰囲気を演出してくれる。

 ハセガワから発売されたこのプラモデルは塗装を前提とした製品ですが、適度に一体化されたパーツ構成で組み立てやすく、VF-25の特徴的なデザインを的確に再現した素晴らしいキットで、頑張って制作を楽しんで欲しいアイテムだ。


模型制作:四条ユキマサ




【SPEC】VF-25F/S スーパー メサイア“マクロスF”/好評発売中/3,800円(税別)/パーツ数・296/全長266ミリ×全幅219ミリ


ハセガワ
http://www.hasegawa-model.co.jp/

プラモデル1/72 VF-25F メサイアを気軽に組み立てよう第一回(全二回)
http://macross.jp/news/?id=100&category1=5

プラモデル1/72 VF-25F メサイアを気軽に組み立てよう第二回(全二回)
http://macross.jp/news/?id=102&category1=5


?2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS