40周年サイトロゴ
LOADING...

NEWS

【超時空要塞マクロス】宝塚市立手塚治虫記念館にて「マクロス放送40周年記念 超時空要塞マクロス展」開催決定!

1982年10月3日、日曜日午後2時に『超時空要塞マクロス』のテレビ放送が開始―――
それから40年を迎える2022年、『超時空要塞マクロス』40周年を記念して、兵庫県宝塚市の宝塚市立手塚治虫記念館にて「超時空要塞マクロス展」の開催が決定いたしました!

本展覧会は、『超時空要塞マクロス』のメインメカニックである宇宙戦艦「SDF-1 マクロス」の自動変形を組み込んだロボット【SELF-TRANSFORMING SDF-1】のメイン展示をはじめ、「マクロス」シリーズ作品の設定資料やイラスト、歴代 VF の立体展示などを実施。
『超時空要塞マクロス』のテレビ放送から40年の軌跡を存分にご堪能ください。

展示内容(予定)

■【SELF-TRANSFORMING SDF-1 】 変形!マクロスロボ!
直径約 700mm の完全新規制作のマクロス艦の自動変形ロボットを展示。
アスラテック株式会社のロボット制御システム「 V-Sido(ブシドー) 」を用いる事によって、自動変形が可能になったマクロス艦本体と、 変形 に合せた演出映像も交えた空間演出が行われます。
●企画・監修 天神英貴
●システム制作 吉崎航 アスラテック株式会社

 ▲SDF-1マクロス(強攻型)

 ▲SDF-1マクロス(要塞艦)

■SDF-1 マクロス超時空図説
設定資料を中心に、 SDF-1 マクロス艦の性能や武装、機能などの解説展示を行います。
マクロス艦をデザインした、スタジオぬえのメカデザイナー 宮武一貴による
マクロス艦についてのインタビュー映像も上映。

■「マクロス」シリーズ作品紹介
「マクロス」シリーズの 各 タイトルを各種設定や、イラスト等で紹介。

■可変戦闘機
VF( ヴァリアヴルファイター)について「マクロス」シリーズに登場する可変戦闘機 VF の一部を1/60 スケールの立体製品を使用して展示を行います。

さらなる続報も随時当サイトで公開予定!お楽しみに!


宝塚市立手塚治虫記念館 第86回企画展「マクロス放送40周年記念 超時空要塞マクロス展」開催概要

会 場:
宝塚市立 手塚治虫記念館(兵庫県宝塚市武庫川町7-65)

最寄駅:
JR ・阪急「宝塚」駅 花のみちを徒歩約10分
阪急「宝塚南口」駅 宝塚大橋を渡り徒歩約7分

開催期間:
2022年7月1日(金)~2022年10月24日(月)

開館時間:
9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日:
毎週水曜(但し、7月20日、7月27日、8月中の水曜日は開館)

入館料:
大人 700 円(560 円)、中高生 300 円(240 円)、小学生 100 円(80 円)
※(  )は 10 人以上の団体料金

宝塚市立 手塚治虫記念館ホームページ
https://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/


『超時空要塞マクロス』配信サービス一覧はこちら


Share
PAGE TOP