新着情報

超時空ファンクラブ マクロス魂

MODELERS

バンダイ 三段変形1/72 VF-31Jスーパージークフリード(ハヤテ機)紹介!


 いよいよ発売! バンダイ三段変形のプラモデル『マクロスΔ』1/72 VF-31Jスーパージークフリード(ハヤテ・インメルマン機)の完成見本を撮影したので紹介しよう。

 スーパージークフリードは、マクロスシリーズに登場する可変戦闘機(VF)ではお馴染みの宇宙戦闘用装備「スーパーパック」を装備したVF-31ジークフリードを指す俗称だ。攻撃力、機動性、航続力などを延長するほか、簡易アーマーパーツとして装甲強化にも役立つ。

 劇中では現在のところ第6話において一度装備した姿が見られた(なお、この時はさらにプロジェクションユニットも装備していた)。VFの性能が高まり、スーパーパックを装備しなくても充分な戦闘力を備えるようになって使用頻度は減っているが、作戦に応じて投入されるレア装備として人気も高い。

 プラモデルにおいて、本装備はVF-31本体に後付けで取り付けることは難しい。機体本体とスーパーパックのセットを購入するのがお勧めだが、本体を持っているがまだ組み立てていないという人はスーパーパックのみのキットも発売されるのでこちらを追加購入しよう。






■完成された美しいアウトラインを持つVF-31ジークフリードだが、スーパーパックを装備するといかにも戦闘機械といった迫力を増す。


■別売りのアクションベースと組み合わせることで飛行状態での展示も可能。


■大型のブースターパックは左右の主翼外翼基部に、尾翼を折りたたんで装着する。




■バトロイドへの変形時に内部へ収納される機首には追加パーツはない。機首後部のドーサル部分やインテークにかけて装甲パーツが追加されている。


■グローブ部分(バトロイド時に肩になる)箇所には15連装ランチャーポッドを装備。外装は可動して発射時を再現できる。


■機体下面。機首下面の股関節部分、インテークから脚部、内翼下面に追加パーツが見え、下面は特に防御性が高められていることが分かる。


■ブースターユニットはメインノズルを片側2基有する。姿勢制御のためのバーニアノズルが各所に設けられている。



■内翼下面のマニピュレータ用追加装甲ユニットは、バトロイド時に腕部となる外装に装着されている。



■ガウォーク形態。脚部のボリュームが増し、主翼上にブースターユニットが装着されたことで迫力を感じさせるシルエットになった。





■腕部を収納した状態のガウォーク。俗にガウォークファイターと呼ばれる。





■バトロイド形態。肩や股関節、インテークから太もも、脚部のエンジンナセルが装甲され、簡易的だがアーマードパックのようなシルエットとなっている。


■別売りのアクションベースと組み合わせることで、迫力のある空間戦当時のバトロイドの展示も可能だ。




■VF-31Jジークフリード本体と、追加されるスーパーパックのパーツ群。




▼1/72 VF-31Jスーパージークフリード(ハヤテ・インメルマン機)

スケール:1/72スケール
発売日:2016年9月22日発売予定
本体価格:7,992円(税8%込)
仕様:組み立て式プラモデル


▼1/72 VF-31Jジークフリード(ハヤテ・インメルマン機)対応スーパーパック

スケール:1/72スケール
発売日:2016年9月22日発売予定
本体価格:2,376円(税8%込)
仕様:組み立て式プラモデル


・バンダイ ホビーサイト
http://bandai-hobby.net/site/character_macrossd/