新着情報

超時空ファンクラブ マクロス魂

MODELERS

プラモデル1/72 VF-25F メサイアを気軽に組み立てよう第一回(全二回)

 マクロスシリーズのプラモデルを紹介していく「マクロスモデラーズ」では現在発売中のキットも随時レビューしていく。第一回となる今回は、スケールモデルテイストの溢れるバリアブルファイターのキットのリリースを続ける日本を代表する航空機プラモデルメーカーのハセガワより「VF-25F/S メサイア “マクロスF”」を紹介しよう。


■ハセガワ「VF-25F/S メサイア “マクロスF”」。写真はキット付属デカールの張り込みと部分塗装を施して完成させた「簡単フィニッシュ」作例だ


■ボックスアートはマクロスアートディレクターの天神英貴氏が担当している

 VF-25 メサイア系のプラモデルとしては最後発となるハセガワのキット。ファイター形状を突き詰めた非変形モデルだけあってVF-25 メサイアの特徴をとても良く捉えた素晴らしいプロポーションとなっているのでぜひ多くのVF-25 メサイアファンに製作して欲しいキットだ。しかし、ハセガワのマクロスシリーズは接着剤と塗装を前提とした普通のプラモデル。近年のアニメモデルに見られる接着不要な多色成型のプラモデルに比べ、製作には少々手間のかかる部分はあるのも事実で、ちょっと作るのを躊躇してしまうユーザーもいるかもしれない。

 そこで今回はキットの成型色を活かした簡単仕上げで「ハセガワ1/72 VF-25F/S メサイア」を作り上げることが可能なのか? 検証してみることにした。 いかに素早く簡単に完成させることができるのか? 世に言う「簡単フィニッシュ」を試みた。

簡単フィニッシュでも大満足なVF-25が完成!


■完全塗装しなくてもここまでの完成度! 


■白い機体表面はキットの成型色そのまま利用している

 結論からお伝えすると、上記写真の様になんら問題なくVF-25/F メサイア、アルト機を格好良く完成させることができた。では簡単に工作の方法を説明していこう。

非変形モデルならではのシンプルな部品構成

 この商品はファイター固定のキットなので部品数が少なく構成はとてもシンプル。機体の上面と下面の2パーツを合わせるとVF-25の基本的なアウトラインが完成する。


■パッケージを開けると、機体を構成するパーツの白とグレー、キャノピーを構成するクリアーランナーが入っている。これでVF-25のアニメの作中の最低限の色分けが再現される


■デカールはF型(アルト機)とS型(オズマ機)が用意されている。今回はキットの成型色を活用してF型のアルト機を選択・製作する

スミ入れでパネルラインを引き立たせ立体感をだしてみよう

 今回の工作に当たり準備したのは接着剤、スミ入れ用の塗料、ニッパー、カッター、ヤスリなどの基本的な道具と、デカールを表面になじませるためにマークソフターを用意した。
 加えて部分塗装用にプラカラーのシャインレッド、331グレー、つや消しブラック、ホワイトと筆などを用意。プラカラーによる塗装は筆塗りとした。

 組み立ては設計図を見ながら作業すればさほど迷うことはない。パーツをニッパーで切り出しながら同時にパネルラインへのスミ入れ作業を行う。真っ白だったパーツのパネルラインにスミが流れることでディテールを際立たせてみた。


■パネルラインにスミが入った状態。全体がシャキッとしたのがわかる。あまりスミの色が主張しないように白いパーツへはグレーでスミ入れを施した


■グレー成型のパーツへの、(例えばコックピット)スミ入れにはブラックを使い、立体感とメリハリを強調した


■ガンポットや主脚格納庫にもスミ入れ。詳細なモールドの陰影をはっき際立たせて立体感を演出する


■全体へのスミ入れが終わったらいよいよ機体の上下パーツを合わせる。作例では接着前にコックピット側面にグレー311を筆塗りした。これは上から覗いた時にコックピットの壁が成型色の白のままより少し暗い色のほうが引き締まるように処理しただけで、気にならない人は塗らなくてもOKだろう


■上下のパーツを仮組みしたら、接着する前にコックピットのパーツを接着するのを忘れてはいけない。コックピットは機体の上下パーツを接着してからでは取り付けできないので、ここで必ず接着しておく。写真では後席が一緒に写っています。キットは複座と単座を選択して完成させることができる仕様となっているが、今回は製作途中に気が変わり単座としたため取り外した

あっという間に機体のアウトラインができました


■いよいよ上下パーツを貼り合わせる。接着する前に、今一度しっかりとパーツが合うか仮組みして確認。接着にはプラモデル用の接着剤を使う。通常粘度のものや流し込み系など色々な接着剤があるので、自分の好みにあった接着剤を用意すると良いだろう。判断が付かない場合は「タミヤセメント」(通常粘度)もしくは「Mr.セメントS 流し込みタイプ」(流し込み)がオススメ

 写真ではコックピットコンソールの上面とインテークの奥の部分を塗装。インテークは黒いので油性マジックで塗装しても良いだろう。

 機体の上下を接着後、主翼や垂直尾翼を仮組みしてみる。垂直尾翼はダボにはめるだけで乗せることができるので、仮組みには便利。主翼はあとから差し込んで取り付け可能で、完成後も可動させることができる。


■いよいよVF-25の全体のフォルムが確認できる様になってきた。パーツ分割の少ない非変形モデルなので、素早く形になるのでテンションがあがる!

スミ入れや一部に塗装を加えたが、全体を塗ることなくここまで完成できた、 次回は脚部の組み立てを経て、デカール張りなど機体の完成までを紹介していく、お楽しみに!


※以下データ

VF-25F/S メサイア “マクロスF”
【SPEC】1/72スケール/プラスチックキット/2013年11月12日発売中/3,200円(税別)/パーツ数・193/全長260ミリ×全幅215ミリ


ハセガワ
http://www.hasegawa-model.co.jp/

©2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS