モデラーズ

超時空ファンクラブ マクロス魂

MODELERS

トミーテック 技MIXのVF-31Sジークフリード アラド機紹介!



 マクロスの可変戦闘機が技MIX(ギミックス)シリーズとなって現在展開中だ。今回はTVシリーズ『マクロスΔ(デルタ)』から、Δ(デルタ)小隊の隊長アラド・メルダースが搭乗するVF-31Sジークフリードの技MIX完成見本(ファイター形態)を紹介しよう。

 VF-31Sは、主人公ハヤテたちが所属するΔ小隊の隊長機。小隊の5機はそれぞれサブタイプが異なっているが、このS型はマクロスシリーズのVFに引き継がれる伝統を踏襲し、バトロイド時の頭部に4本のレーザー砲塔を持つ。

 また、アラド隊長のパーソナルマークである骸骨マークが胴体上にデザインされているのも大きな特徴。さらにこの機体は、戦術音楽ユニット・ワルキューレとの共同作戦を行う上で必要でもあるエアショーを考慮した派手なカラーリングも見所。技MIXではこの華やかなカラー&マーキングがあらかじめ施された状態となっており、組み立てるだけでカッコいいアラド隊長機が完成するのだ。

【技MIXとは】
 技MIXは、彩色済みのプラモデル。1/144スケールというスケールながら細部のコーションデータに至るまでタンポ印刷で再現。組み立てるだけでカンタンお手軽にハイクオリティな模型が完成する。
 マクロスシリーズの可変戦闘機も、架空の機体でありながら技MIXシリーズの実在の機体と同様の精度で造形。河森正治監督監修の下、機体ディテールの数々を航空機であることにこだわって表現している。

■Information
----------------------------------------------
技MCR18 VF-31Sジークフリード アラド・メルダース機 ファイター
----------------------------------------------
1/144スケール
価格:4000円(+消費税)
発売日:2016年11月末予定
仕様:彩色済み・マーキング印刷済み・組み立て式プラモデル
----------------------------------------------



■VF-31Sのファイター形態。飛行状態を再現できる専用のスタンドが付属


■キャノピーの開閉状態を選択できる


■胴体上面の骸骨マーキングがプリントされ、複雑なカラーリングもバッチリ再現されているのだ


■着陸脚は差し替えで降着状態を再現することが可能





■コクピット周辺は、キャノピーフレームやセンサー部など細かく塗り分けられている



■下面の写真。インテーク周辺は内部のシャッターや吸気ファンなどが細かく塗り分けられている


■主翼下面。主翼は翼断面も再現され、航空機らしい薄くシャープな造形が素晴らしい


■下面のパーツは、専用の台座を取り付けるために穴の開いたものと通常の物、別売の発光ユニットを取り付けるためのものの3種類が用意されている


■別売りの発光ユニットを使用すれば、ノズルの噴射光を再現でき、臨場感のある飛行状態の展示が楽しめるのだ




■1/144スケールの航空機モデルは手に乗るほど小さいが、溢れんばかりの精密感は「凄い」の一言だ

・トミーテック 技MIX
http://www.tomytec.co.jp/gimix/